シーダロサウルス

基本データ

  • 分類:竜脚類
  • 属名:Cedarosaurus
  • 生息年代:白亜紀前期
  • 食性:植物食
  • 全長:14メートル
  • 重さ:
  • 化石が発見された場所:アメリカ合衆国

特徴

シーダロサウルスは白亜紀前期の北米に生息していたブラキオサウルス類である。

前肢は後肢よりも長く、上腕骨と大腿骨はだいたい同じくらいの長さであった。四肢は象の足のような形をしていた。

ブラキオサウルス類にしては尻尾はかなり短かった。

生態

シーダロサウルスの肩の位置は高く、首は長かったと考えられている。長い首を利用して、高い樹木の頂上に生えている葉っぱや枝などを食べていただろう。

化石について

シーダロサウルスは米国・ユタ州にあるシーダー山で発見された。化石の記載は1999年のことである。シーダロサウルスとは、「シーダー山のトカゲ」という意味であり、この名前は化石が発見された場所に由来している。

スポンサードリンク

HOME > 竜脚類 > シーダロサウルス
inserted by FC2 system