チンデサウルス

基本データ

  • 分類:獣脚類
  • 属名:Chindesaurus
  • 生息年代:三畳紀後期
  • 食性:肉食
  • 全長:3メートル
  • 重さ:54.4キログラム
  • 化石が発見された場所:アメリカ合衆国

特徴

チンデサウルスは初期のほかの恐竜と共通したところを多くもっていた。後肢がかなり長く、尻尾がムチのような形をしていた。重要なのは、北半球で発見された最初のヘレラサウルス類であるということだ。

化石について

チンデサウルスは1984年に、カリフォルニア大学バークレー校のブライアン・スモールによって、米国のアリゾナ州にあるチンル層で発見された。チンデとは、“幽霊”や“悪魔”という意味を持つ。正式に記載されたのは1995年のことであった。

豆知識

かつて、チンデサウルスは米国のマスコミによって、昔のアニメ映画に出てくる恐竜にちなんで、「ガーディー」と呼ばれたことがあった。

スポンサードリンク


HOME > 獣脚類 > チンデサウルス
inserted by FC2 system