サウロルニトレステス

基本データ

  • 分類:獣脚類
  • 属名:Saurornitholestes
  • 生息年代:白亜紀後期
  • 食性:肉食
  • 全長:2メートル
  • 重さ:12キログラム
  • 化石が発見された場所:カナダ

特徴

サウロルニトレステスは、現代のコヨーテほどのサイズの獣脚類であった。この恐竜はドロマエオサウルスとよく似ている。特に、鋭いカギヅメのついた手はよく似ていた。違っていたのは、脳の大きさと歯の形である。科学者の中には、この恐竜の体全体が羽毛で覆われていたと考える者もいるが、これは決定的なことではない。

生態

サウロルニトレステスは、トカゲやカエル、初期の鳥類、哺乳類などをエサにしていただろう。

化石について

サウロルニトレステスは、カナダのアルバータ州で発見された。化石の記載は1978年のことである。サウロルニトレステスとは、「トカゲ鳥どろぼう」という意味である。この恐竜の骨格はロイヤル・ティレル古生物博物館に収容されている。

スポンサードリンク


HOME > 獣脚類 > サウロルニトレステス
inserted by FC2 system